上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末は母のリハビリ見学へ。



病床に行くと、パジャマ姿の母とリハ担当の先生。

パジャマ姿でのリハビリ風景は初めて見たし、

いつもならジャージ姿でリハ室へ移動してやることなのにどうしてだろう?と

体調が悪いからなのかな?やる意味がないのかな?と一瞬どん底に落とされつつも・・・・



先生に話を聞くと


「土曜日は看護婦さんの人数が少なく介助が間に合わないのでパジャマになったんですよ」との事。


なるほど・・・・



土日は確かに看護婦さんの姿がなかなか見つけられませんからね^^;

介助を必要とする母には心細い週末なのかな・・・


土曜日はベット上で足の筋肉を動かす(ボールを使ったり)動作後

リハ室へ車椅子で移動、車椅子に乗りながら足先を台車みたいなのに?

乗せて足首や膝を動かす動作や(膝の痛みがあるので、暖めながら←保温材?)

上半身の身体を預けられるほど頑丈な歩行器(先生介助付き)で数歩歩くのを

やっておりました。



先週の木曜日にもたまたま同じ風景を見れたのですが

その時より上達しているように感じました。

先生に「これは何回目なんですか?」と問うと

「今日で3回目です」とのこと・・・・

私が最初に見たたどたどしい風景は初日だったんだ・・・・

それじゃ無理もないなって思うのでした^^;



リハ室には多くの患者さんがリハビリをされており皆さんがんばっています!!!

周りを見る余裕なんてないはずなのに、うちの母ときたら

先生がちょっと席をはずすと足の動きを止めたのです(><)

その母に私は




「先生がいないからって、さぼらないの!!
周りのみなさんだって頑張ってるんだよ!!
ボーっと周りばっかり見てないで肝心の足動かす!!!」
と渇を一発(爆)



その吠えたわたしの様子を先生は見ながらやって来て

笑ってました^^;あの様子からだと、普段も”さぼり”があるんだな・・・・って確信しました(;--


土曜日の母を見て思ったのは、以前より介助が必要なくなってきた???ってことです。

ベットから車椅子に移るにもリハの先生が全面的にささえながら

乗せていたのですが、土曜日は上半身を横に向きひじを利用し上半身を起き上げ

足をなるだけベットサイドへ移動、先生が足のみ床に着くように介助し

柵を持ちながらベットサイドに立ち、そこから車椅子へ乗り込む・・・といった姿が。

以前より、ベットからの起き上がり、立つ、車椅子への乗り移りのコツが

つかめてきたようにも見れました^^

私と旦那さんもはじめて見る光景に「前より良くなっている」とほんの少し安堵しました。



病院へ行くたびに、どん底に落とされたり、希望の光が見えたり、

いろいろと気持ちの変化が激しいです。

母には飴とムチが必要だと思い、飴を差し入れしたら喜んでました(笑)


糖尿病の持病もあり、リハ後は特に血糖値が下がってクラクラすることがあるようだったので

そんな時に飴食べた方がいいんじゃないかと持って行ったのですが

果たして看護婦さんに見つかったら取り上げられるのかいなや?!





病院後、横浜@山下公園へお花見



山下公園の桜もキレイでお天気もポカポカしてて(風が強くて弁当飛びそうだったけど。笑)

気持ちよかったです!家で食べたらそんなに美味しくないはずなのに

桜の下で食べるお弁当って本当に美味しく感じるのでした^^


節約の為にお弁当持参したのに・・・・


結局、中華街で”しゅうまい&ニラまんじゅうセット”&”¥90円肉まん”を食べたわたし。

節約の意味がなかったです(;--




090404_1421~01

090404_1421~02




Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。